スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[書評]私が彼を殺した

一番最初に読んだ東野圭吾の作品.

そしてはじめて読んだミステリー小説でもあります.

 

それにしても

殺害方法や犯人を最後まで記述がないミステリー小説なので

読むのに時間がかかりましたw

時間掛けた割にはそのあたりがまったく読み取れませんでした.

おかげで読み終わってからネットでネタばれをさがして

誰が犯人なのか?どうやって殺害したのか?

を調べてやっと合点が行きました.

殺害される人や凶器はすぐわかり

ミエミエの殺害機会は頭に残っていましたが

まさか前半の数行の文章から犯人を特定できるなんて思いもしなかったので

読後かなり驚いたものです.

おかげでミステリー小説も結構面白いな~と思えたので

これからは少しずつミステリー小説を読んでみようと思います.

(よく読むSF,FF,歴史,ラノベ,名作といったジャンルに加えて更に増えるので

こりゃ読みたいものには困りませんね)

 

トリックについてはかなり引き込まれたのですが

サスペンスにつきものの愛憎に基づいた殺害動機については

多少微妙かなと感じました.

確かに近親相姦や堕胎といった問題は作品に一種のよどみを出してくれているのですが

登場人物の感情の起伏が突然であったり,あまりなかったりして

あまり感情移入できなかったのが原因だと思います.

あと殺害の動機が金銭のトラブルとか私情のもつれといった現実で

置きそうなものではなかったのも一因かもしれません.

トリックがかなり緻密に練られているのに殺害があまり計画的に行われなかったという

ズレが読後しこりに残ったのでこのように感じているだけかもしれませんが.

 

ミステリの醍醐味を教えてくれた本でした.

コメント

非公開コメント

プロフィール

ishuter2

Author:ishuter2
引きこもり型社会人。

読書,投資,ニュース閲覧
食べ歩き,...etc
個人型趣味が大好きです。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSフィード
    Add to google
    Subscribe in Bloglines
カテゴリー
過去ログ
ValueCommerce

  • ValueCommerce
  • Vector
  • 丸三証券
  • マネックス証券
  • オンラインレンタル "TUTAYA DISCAS"
  • Amazon.co.jp
  • Expedia
  • LinkShare
  • LinkShare
  • リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
  • BookOffOnline
  • ブックオフオンライン
  • 古本市場
  • フルイチオンライン
  • ビックカメラ
  • ビックカメラ.com
  • Sofmap
  • ソフマップ・ドットコム
  • Apple Store
  •  iTunes Store(Japan)
  • HP Directplus
  • HP Directplus オンラインストア
  • EXPANSYS
  • エクスパンシス
    A8.net
  • A8.net
  • P-One CARD
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。