スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[学術]Yahoo!PipesでGoogle ScholarのRSSフィードを作る

修士論文を完成に近づけようとラストスパートしている最中に

思いついたのが

"論文検索に用いるGoogle Scholarの検索結果の更新を監視すれば"

"他の先生からそれやっているよと言われる率を減らせるし"

"論文検索を毎回しなくてもいいかな"

ということ.

 

他の学術検索のエルセビア社提供のScienceDirectは

検索式による結果をRSSフィードで配信できる機能があるのですが

Google Scholarにはそんな機能がありません.

本当にないのかと少し検索したらYahoo!Pipesで

作っている方がいました.

Yahoo!Pipes|Google Scholar RSS/email|the_mike_love

使い方は

image

1に何年以降のどんなキーワードを監視するかを打ち込み

2のRunPipesのボタンを押してRSSフィードを作成し

3でもしGoogleReaderやMyYahoo!,Blogline以外のRSSリーダーを使用しているならば

RSSフィードを取得する

といった感じです.

 

修士論文末期に発見したので実際の研究に使用してはいませんが

最新の研究の把握とか

一度使用した検索結果を監視するといった用とには

使えると思います.

Google ManiaでRSSフィードの使い方特集が組まれてましたが

RSSリーダーを使った情報収集術&便利なフィード7選|Google Mania

Google Newsとかは検索の仕方を解析して

Yahoo!Pipesで監視している方がいるのでそっちを利用した方が

わかりやすいと思うのですがね.

 

学生世界では常識なのかもしれませんが

自分の研究室では誰も実践してませんでしたので

論文検索をスマートに行いたいという学生の方は一度試してみてください.

(ScienceDirectのRSS取得法も今度書きます)

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ishuter2

Author:ishuter2
引きこもり型社会人。

読書,投資,ニュース閲覧
食べ歩き,...etc
個人型趣味が大好きです。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
    Add to google
    Subscribe in Bloglines
カテゴリー
過去ログ
ValueCommerce

  • ValueCommerce
  • Vector
  • 丸三証券
  • マネックス証券
  • オンラインレンタル "TUTAYA DISCAS"
  • Amazon.co.jp
  • Expedia
  • LinkShare
  • LinkShare
  • リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
  • BookOffOnline
  • ブックオフオンライン
  • 古本市場
  • フルイチオンライン
  • ビックカメラ
  • ビックカメラ.com
  • Sofmap
  • ソフマップ・ドットコム
  • Apple Store
  •  iTunes Store(Japan)
  • HP Directplus
  • HP Directplus オンラインストア
  • EXPANSYS
  • エクスパンシス
    A8.net
  • A8.net
  • P-One CARD
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。